夏休み特別企画! アンモナイトってなんだろう?



「なにわホネホネ団」団長の西澤真樹子さんを講師にお迎えし

化石はどうやってできたのか?見つかるのか?を紹介ししていただきながら

ノジュール(化石を包んでいる石の塊)&アンモナイトのレプリカを使った

発掘体験をしてもらいます。

アンモナイトの本当の色は誰も見たことがありません。

ヒトはまだいなかった頃の海に思いをはせながらどんな色だったのか?想像してもらい

オリジナルのアンモナイトを参加者の方に着色していただくワークショップです。

西澤さんは『てこぽこさんとはくぶつかん』プロジェクトや「自然と市民と博物館をつなぐ」をテーマに活動するNPO法人大阪自然史センターに所属され、博物館や自然の面白さを伝えるためにアイデア満載のミュージアムグッズの開発や子ども向けのワークショップに関わっておられます。東日本大震災以降は東北でもワークショップを開催されています。

ワークショップの当日よりネフネでも『生きもの特集』を企画し、大阪自然史博物館の限定グッズや化石アイテムなども店舗に並びますよ〜


●アンモナイトってなんだろう?●

日時 : 8月7日(土) 

【第一部】13:00〜

【第二部】15:30〜

各回定員6名


参加費 :

【大人】1500円 

【子ども】500円


場所 : NEFNE(寝屋川市八坂町13-11)


アクセス : 京阪電車「寝屋川市駅」北出口(東側)より徒歩3分


◎新型コロナウイルス感染状況の変化により開催を変更・中止する場合がございます。

何卒ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。



◆講師プロフィール

西澤 真樹子(にしざわ まきこ)

なにわホネホネ団団長。2003年「なにわホネホネ団」を結成、大阪市立自然史博物館を拠点に、小学生から70代までの団員約380名とともに哺乳類と鳥類の標本づくりをおこなう。2011年より東北沿岸の自然系施設と博物館の再開支援がをライフワークにとする。認定NPO法人大阪自然史センター教育普及事業・東北支援事業担当、大阪市立自然史博物館外来研究員、同友の会評議員、きしわだ自然資料館専門員。好きなものは自転車とお酒と猫と本。



【ご予約】

こちらのフォームよりお申し込みください。

https://bit.ly/3hXYIp0


【お問い合わせ】

メール : info@nefne.wabsite

電話 : 072-814-6690(木〜土・11時〜18時)