夏来る 5月ポレポレ俳句部



5月8日、ポレポレ俳句部でした。


まちにも山にも若葉があふれて、風も気持ちよく、暑い日もカラッとしてて、だいすきな季節です。 (今年は早くも梅雨入りしてしまいましたが…。雨も好きですよ)


今回のお題


今回のお題は「立夏」「初夏」


「立夏」は、二十四節気のひとつで、5月6日ごろです。 暦の上ではこの日から夏が始まります。


「初夏」は、立夏を過ぎた5月ごろの新緑の時節です。



今月の作品

「立夏」「初夏」または当季雑詠

ーーー


初夏の山の迫れる列車かな(紙の舟)


ちょこんと猫白無垢の花嫁(ぎーむー改めてっちゃん)


初夏のマンボはマヨネーズの如し(松竹梅)


ふいに天使が通り抜け夏に入る(のん)


そら豆の絵手紙見つめ時止まる(嶺)


腐りゆく魚のはらわた初夏の音(藤風)


はつなつの声紋の残りたるまま(薬夏)




6月のお題


「昼寝」(傍題可) もしくは当季雑詠


講師の薬夏さんより 「同じお題でも作者によって視点が異なる、捉え方が異なる、ということ自体が学びにも繋がりますので、出来れば「昼寝」(傍題可)で詠んでいただければ有難く思います。 」

次回の俳句部は6月12日(土)です。

ネフネの「ポレポレ俳句部」は毎月第2土曜日、13:30〜15:30に開催しています。(現在は感染症対策のため30分短縮しています) 講師は俳人の松本薬夏さん(https://twitter.com/you721)。


開催場所:NEFNE(大阪府寝屋川市八坂町13-11) 状況によりオンラインを併用しています。 参加希望のかたはメール(info@nefne.website)またはSNSでご連絡いただけると嬉しいです。俳句初心者歓迎です!