top of page

残暑 2023年8月ポレポレ俳句部




8月19日、ポレポレ俳句部を行いました。


今回のお題

自身で実感できる秋の季語、または「残暑」



残暑

【子季語】
残る暑さ、秋暑し、秋暑、餞暑

【解説】
立秋を過ぎた後の暑さ。例年、八月いっぱいくらいは暑い日がつづく。いったん涼しくなった後で、暑さがぶり返すこともある。

引用:きごさい歳時記



暦の上では立秋から秋ということです(今年の立秋は8月8日〜22日)。 今年の夏は本当に暑かった…と過去形にならないほどの暑さがまだ続いていますが、朝晩はいくらか涼しくなってきましたね。


作品発表


自身で実感できる秋の季語、または「残暑」 ーーー


テレビへと映るご近所残暑なり(松竹梅)


台風のいたぶる夜半の安普請(楽来)


長き夜の机に本とジムノペディ(藤風)


お盆台風赤信号赤トンボ(森の中の田んぼ)




次回のポレポレ俳句部は9月9日(土)です。

9月のお題 ・初心者の方…「秋高し」(傍題可) ・慣れてきた方…秋の魚(魚は歳時記の「動物」の項目を参照)

ポレポレ俳句部は、毎月第2土曜日13:30~開催しています。 開催場所は寝屋川市のNEFNE(ネフネ)です。 初心者歓迎。どなたでもお気軽に遊びにきてください。

bottom of page