top of page

亀鳴く 2024年3月 ポレポレ俳句部作品発表





3月15日、ポレポレ俳句部を行いました。




今回のお題


「亀鳴く」



亀鳴く
【子季語】亀の看経
【解説】春ののどかな昼、あるいは朧の夜に亀の鳴く声が聞こえるような気がする。亀は実際には鳴かないが、俳句の季語として親しまれている。『夫木和歌集』にある藤原為家の「川越のをちの田中の夕闇に何ぞと聞けば亀のなくなり」が典拠とされている。

引用:きごさい歳時記



「亀鳴く」とありますが、亀は声帯がないので鳴くことができません。

決して鳴かない亀を鳴かせることで春を感じるというのは、空想的でなんだかちょっとユニークですね。

古くからの季語ということですが、古から現代まで受け継がれたとても柔軟な感性だなと感じます。




今回の作品


2024年3月

「亀鳴く」

ーーー


捧げます亀鳴くまでのこの命(松竹梅)


奨学金の返済完了亀鳴けり(桔梗)







4月のお題



「花篝(はなかがり)」



次回のポレポレ俳句部は4月13日(土)13:30~です。


ポレポレ俳句部は、毎月第2土曜日13:30〜開催しています。

開催場所は寝屋川市のNEFNE(ネフネ)です。

初心者歓迎。どなたでもお気軽に遊びにきてください。




Comments


bottom of page